読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログ人間ブログをはじめる。

「ゴミ屋敷」の片付け、DIYリフォームを紹介しつつ、気ままにいろんなことを書いています。

10t以上物を捨てた経験から考える「ゴミ屋敷の片付け方」

片付け

こんにちは!

持病の「逆流性食道炎」で悶々としております。ねこちゃわんです。

 

この胃痛、思いかえせば2年前のゴミ屋敷の片付け中に発症して以来、度々再発を繰り返しています。いや、ホント、ゴミ屋敷って、暮らすのも片付けるのも神経すり減るんだなあ〜としみじみ実感しております。
 
今回は大量の物の片付け方についてのお話です。
片付けが得意な人には、ごく普通の話なのですが、ウチの片付けが大の苦手な家族を見ていると、
「もしかして、片付け方が分からないのでは…?」

「片付け以前に片付ける気が無い!?」

と、家族ながら驚くことが多かったので、どうやって大量の物を捨てたのかまとめておこうと思います。

大掃除のためのモチベーションを高める

まずはじめに、自分がゴミ掃除をするのは何のためなのか、目標をハッキリと決めておきましょう。

 

あなたはどうして大掃除がしたいのでしょうか?

 汚部屋への怒り、焦りを解消するためですか?

 キレイな部屋への憧れからですか?

 家族の安全のためですか?

 友人、知人を家に呼ぶためですか?

 一家団欒をしたいからですか?

 生前整理のためですか?

 運気を変えたいからですか?

 

事情はいろいろあると思いますが、目標を持つことで掃除のモチベーションを保ちやすくなります。掃除中にあまりの物の多さに発狂しそうになったり、家主に対して怒りが湧いてきたら、ここで決めた目標をありありとイメージし直しましょう。ゴミ屋敷の片付けは1日で終わらない、場合によっては数カ月がかりの作業になるため、モチベーションを保つことはとても大切です。

私は綺麗な部屋に憧れていたので、自分の好きなインテリア雑誌を読んだり、Pinterestなどの画像アプリでインテリア画像を集めてモチベーションを保っていました。

ゴミ屋敷に対するネガティブな感情も私のモチベーションを保つのに役に立ってくれましたよ…

 

掃除する日を決める

円満にゴミ捨てをしたいなら、ゴミの持ち主に掃除をするメリット(生活しやすくなる、災害時に安全など)を伝えた上で、片付けをする日を決めて片付けましょう。

まあ、話が通じない相手なら、後は強行手段か、こちらが掃除を諦めるか、しかないんですが!!

我が家の場合、ゴミ部屋への怒りが大きすぎて、後者は選択できませんでした…

ばあちゃん!ベストな選択じゃないけど、ゴミに埋もれて孤独死よりはエエと思ってくれ!!

f:id:nekochawan:20170222222638j:plain

掃除日を伝えたところで反対されることもある。ありまくる。  

  

片付けを手伝ってくれる人に声をかけよう!

一人で片付けをするのはたいへんなので、ゴミの持ち主との間に入って仲裁をしてくれる人、掃除を手伝ってくれる人にも声をかけておきましょう。

ゴミの持ち主から、ただただ話や愚痴を聞いてくれる第三者がいるだけで精神的にかなり楽に作業が出来るようになります。持ち主からの攻撃や罵声を避けやすくなり、「それは要るものじゃ!」とかいう作業の中断も少なくなります…

 

明らかに要らない物をどんどん捨てていく班と、

物の持ち主と一緒にゆっくり要るものを分別する班

2つに分かれて行動するのがオススメです。

 

個人的な感想ですが、片付けを手伝ってくれる人は家族よりも、友人とか他人の方が良いと思います。家族同士だと遠慮なく感情が爆発するからです。

親戚や友人、知り合いなどに協力を頼めるようであれば、そういう中立に立てる人に事情を話してぜひ来てもらいましょう。ゴミの持ち主と自分の共通の知り合いにはクッション役になってもらいます。

 

それから、他人を巻き込む場合はしっかりとお礼をしましょう!!

掃除の後は銭湯に行くなり、焼肉をおごるなり、お金を包むなりして下さい。

我が家の場合、間に入った第三者もあまりの物の多さに発狂してしまいました…

 

f:id:nekochawan:20170222221549j:plain

ゴミ屋敷、それはその場にいる全員をゾンビに変える恐ろしい魔境だ!

 

作業当日までに用意しておくもの

  • 軍手(後で拭き掃除にも使えるので多めに買って良し)

  • マスク(100均にある粉塵用マスクもオススメ!)

  • ゴミ袋

  • ビニールヒモ(本や布団などを縛るのに使います)

  • 汚れても良い服

  • 飲み物(ペットボトルなど、軍手で持てるものが便利)

  • 食べ物

  • 靴(ガラス片が落ちていたりしたら、室内でも土足で作業して下さい)

  • タオル

  • ビニールシート(庭に物を運ぶ場合)

  • やる気

f:id:nekochawan:20170222223736j:plain

これだけあれば、バッチリ!ついでにノリノリなBGMもかけちゃおう♪

f:id:nekochawan:20170222224704j:plain

数日にわたって庭でゴミの整理をする場合、ビニールシートをかけておこう。

 

作業がはじまったら

作業初日はできれば通路やスペース確保のために、タンスや棚などの大きい物から処分した方が良いでしょう。捨てたい家具が埋もれている場合も周りのゴミをどけて、大物から取り掛かった方が楽です。大きい家具が無くなるだけでだいぶスッキリしますからね。

もしくは、家具が動かせない場合、壁なら壁、床なら床一点に集中して片付けて下さい。一ヶ所でも空間が広がってくると、綺麗になった実感が湧きやすくなります。

まずは狭くても何もない面を作ることから始めて下さい。

部屋全体を掃除しなきゃ!と思うと苦しくなるので、今目の前にあるゴミだけに集中することが大切です。

 

f:id:nekochawan:20170222230014j:plain

まずは移動させるなり、捨てるなりしてスペースを空けよう!

 

スペースができたら、そこで分別

作業を始めてスペースができてきたら、そこに物を運んできて分別しましょう。庭や空き部屋などのスペースがあるなら、そこへ運び出して作業した方が物全体の量が把握しやすいです。物全体を広げてみることで、要る物と要らない物が分別しやすくなります。

f:id:nekochawan:20170204145520j:plain

私は物置小屋の掃除や押入れの掃除は、全部庭に出してから行いました。

 

片付け中に大事な心がまえ

片付け中にあまりの物の量に怒りがこみ上げてくることも、しばしばあります。そういうときは、まるで自分がロボットになったようにひたすら無心で作業するように心がけて下さい。

呼吸に集中する

BGMを流す

自分を心の中で応援する

目標をイメージしなおす

甘いものを食べて休憩する

など、外に意識を持っていかないようにすると良いでしょう。

人に意識が向かうと喧嘩になります。

「あ~、ここはきっと他人の家なんだ。これはこういうお片付けゲームなんだ!修行体験ごっこなんだ!!お片付けをするごとに良いことがいっぱい起きるンダ~…」

くらい頭のネジを外してしまいましょう。あとはもう自分との戦いです。

 

f:id:nekochawan:20170222232822j:plain

苦しいならいっそのこと、手だけ動かして思考を捨ててしまうのだ!

(後で反動が来ることもあるけど…

  

片付けは定期的にする習慣をつける

話がいきなり飛びましたが、上のやり方でゴミを分別したら、後は部屋を掃除しましょう。軍手を濡らして絞って、狭い隙間や奥の方の拭き掃除もしてしまいましょう。

大量のゴミは、ゴミの日にチビチビ出していくか、ゴミ収集センターに持って行きましょう。詳しくはお住まいの市町村のゴミの出し方を調べてください。

 

50年もののゴミ屋敷を掃除してみて、片付けを習慣化することがどれだけ大切か身に染みてよく分かりました。ゴミ屋敷の片付けは物が無くなっただけでは終わりません。

今後も物が増えないように物の整理をしたり、ストックが分かりやすい収納をしていく必要があります。

 

f:id:nekochawan:20170222234445j:plain

理想は月1の片付けと見直し(あくまで理想…)

  

最後に・片付けをして分かったこと

家いっぱいの物を片付ける、捨てるということは想像以上に過酷な作業でした。

「これを乗り越えたら楽になる!夢に近づく!!」と心では思っていても、怒りに負けそうになったり、実際に祖母と大喧嘩したり、家族の負の面を見てしまったりと、辛いことの連続でした…

今では、もう少し祖母に対して優しい言葉がけとか、余裕が持てたら良かったなあ~と後悔しています。

 

最後に。片付け中にしみじみ感じたこと。

買ったままゴミ部屋の肥やしになって、使いもしなかった服や化粧品を捨てるとき、何度も酷い罪悪感を感じて苦しみました。

どうしてだろうと考えたら、物って大きかろうが小さかろうが、誰かの人生の時間を削って生まれてきた物なんですね…

作る側はもちろん自分の人生を労働にあてて、その物を作り、買う側も時間をかけて働いたお金でそれを買います。

物はただの物に見えるけど、誰かの人生(寿命)を削ってできてるんですね…

そりゃあ、物を捨てたら罪悪感も湧くわけだ!!

 

f:id:nekochawan:20170223003041j:plain

当たり前だけど、忘れちゃいけないこと

 

まだまだ我が家には物に埋め尽くされた部屋がありますが、お互いの幸せのために「祖母の居住空間」と「共同スペース」はなるべく手をつけないことにしています。

 

溜め込むのが大好きな家族と一緒に暮らすのなら、

片付けも大事だけど、片付けすぎないのも大事。

大掃除で家族喧嘩をして学びました。

家がキレイになっても、心が罪悪感でいっぱいになったら仕方がないよ!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

みなさんのお掃除、DIYライフにも幸あれ~!

広告を非表示にする