アナログ人間ブログをはじめる。

「ゴミ屋敷」の片付け、DIYリフォームを紹介しつつ、気ままにいろんなことを書いています。

もうこんな汚部屋は嫌だ!祖母の物を2tトラックで5往復分、断捨離した話

f:id:nekochawan:20170212213258p:plain

 

こんにちは! ねこちゃわんです。

ブログ開始早々「ゴミ屋敷DIY」の肝、断捨離のお話ですよ (-ω-;)
 
ゴミ屋敷をリフォームしたい人にとって、きっとこれが一番辛い作業でしょう。
私にとっても、一番過酷な作業でした…
 
DIYだろうと、業者に頼もうと、部屋のリフォームをするのに避けて通れないこと…
それは「お掃除」「お片付け」です。
どんなにキレイなお部屋でも、少なくとも物の移動はしないといけませんよね。
 
 
しかーしっ!!
我が家はタイトルにもあるとおり、
泣く子も黙る「ゴミ屋敷」!!
 
 
ゴミ屋敷を片付けたい!リフォームしたい!場合、
 
①コツコツと地道に分別してゴミの日に捨て続けるか、
②清掃業者にゴミ処分を頼むか、
③トラックを借りて自力でゴミの山と戦う
 
しか、ありません!!
 
 
しかし、これがクセ者なんです…
ゴミの処分代とかかる時間は馬鹿にできません。
私の住んでいる街では、軽トラック1回分のゴミ処分で5〜6万円くらいはするとか…
 
うちの場合、ラッキーなことに知り合いの建築系のおじさんが2tトラックの貸し出しと運転をしてくれました。
 
 
けれども、ゴミの処分はまだ問題じゃありません。
 
ゴミ屋敷にまつわる最大の問題…
それはなんと言っても、
『ゴミの持ち主の説得』でしょうっ!!
 
心優しい人は片付けのときにぜひ!第三者に間に入ってもらいましょう。
時間がかかっても良いなら、ゴミの所有者にも片付けに参加してもらい、
こちらがサポートする形で物を分別していくと、少しは円満に片付けができる(かもしれません!
 
 
マア、ゴミ屋敷の片付けをしていると遅かれ、早かれ、
ぷっちーん!!とくる瞬間がおとずれます。
 
私はあまりの物の多さに初めから「捨てるね~と強硬手段をとりました。
祖母の性格的にも話し合いでの解決は不可能に近いので、うちの場合はもうそれしか考えられない状況でした…
(罪悪感が残ったけど、汚い部屋への怒りが勝っていたんだよ)
 
 
強硬手段を選んだ結果、ゴミ掃除を始めた途端、
その場にいる全員が怒りと絶望を通り越し怒号が飛び交うという恐ろしい状況になりましたが、
 
キレイな部屋に住みたいのなら、
ケガの心配のない安全な部屋で暮らしたいのなら、
 
ただひたすら、夢と怒りを糧にヤルしかありません。
 
 
今思えば、このゴミ屋敷の片付けは、
自分の家や家族関係、生活などのデトックスのために、真正面から毒を見据える大事な体験だったのですが、作業中に受けたネガティブな感情を完全に浄化しきるまでに数年はかかりました…
 
 
何十年もかけて積もり積もった物を清算しようとすれば、痛みがあって当然です。
数十年物のゴミ屋敷の片付けは、片付ける側も片付けられる側も無傷では済まないと今では感じています。 
 
 
けれど、片付けと掃除さえ終わってしまえば、後は楽しい部屋のイメージ作りとDIY作業が待っています♪
  
 
持ち主のいるゴミ屋敷の片付けの問題点。
 
ゴミの持ち主との仲をとるか、
キレイで安全な部屋をとるか…
 
この問題については、もっと良い方法がないか、掘り下げる必要がありますね…
 みなさんのお片付けライフに幸あれ!